冷え性とウォーキングとショウガと。

冷えは確かに万病の元でした。30代を過ぎたあたりから、いろいろな不調に悩まされるようになりました。腰痛、おなかの調子が不安定、肌荒れ、風邪もひきやすい・・などなど、そのつど病院のお世話になりましたが、お薬をいただいてもすっきりとはよくならず、年のせいかなと悩んでいました。
そんな中、母が腰痛で通っていた整体の先生に私の話をしたところ、「冷え」の可能性を教えてくれ、私も治療していただくことになりました。
やはりひどく芯から冷えがあるとのこと。その頃は夏でしたが、脚もおなかも冷えている、治療に通う以上に大事なのは歩くこと、とのお話だったので、まずは整体へ通う2駅分を歩くことにしました。
初めはなまった体にとてもきつかったのですが、数回ですぐ慣れました。体が動くようになると、どんどん動きたくなり、ちょっとしたお出かけは歩くようになりました。
効果はてきめん、おなかの調子は整ってきて手足の冷えが改善されてきました。
食事では、毎日飲む味噌汁にしょうがをプラスしました。また、パンや麺が好きでしたが、ご飯をよく食べるようにしました。根菜を煮たものも出来るだけ常備しました。
意識して冷えにくい生活をしていくと、今までいかに冷えるための(?)生活をしていたかがよくわかりました。お風呂にゆっくりつかり、スリッパや下着で冷えを防止します。
こんな生活を続けること一年半。体力もつき、おまけに脂肪も少し落ち、腰痛はなくなり、ずっと元気になりました。
やっぱりあの不調は冷えからきていたんですね、あのまま悪化していたらと思うと怖いです。これからも元気でいられるよう、今の習慣を続けていきたいです。

中性脂肪を下げる?ケルセチンの期待できる効果

中性脂肪を下げるということは、単に脂肪にアプローチするだけではありません。脂肪以外にも、体内の血液に対してもアプローチすることができ、これもサプリメントで効果を発揮することができます。
そのような効果を期待できるサプリメントとして、ケルセチンと呼ばれているものがあります。ここでは、ケルセチンが一体どんな効果を発揮できるのかについて、見てみることにしましょう。
このケルセチンは、あえて言えばポリフェノールの仲間と考えてみれば良いでしょう。ポリフェノールと言えば、体内の脂肪を上手く吸収してくれる効果が期待できますが、ケルセチンもそのような効果を発揮することに繋がると言って良いでしょう。
実際にケルセチンを摂取してみれば、抗酸化によって、ドロドロになった血液がサラサラになるという現象が起こるようになります。
血液がドロドロになると、血管壁や毛細血管が余計に傷つくことになるのですが、ケルセチンが存在するおかげで、大切な血管壁や毛細血管が頑丈なものになるのです。また、それだけではなく、体内の血液も非常にサラサラになるので、血液のことで悩んでいる方は、是非ともケルセチンを摂取してみると良いでしょう。
血液の状態に変化が現れるまでには、ある程度の時間がかかってしまうかもしれませんが、定期的にケルセチンを摂取していくようにすれば、望んでいる結果に近い結果を得ることができます。実際の血液の状態は、健康になるか病気になるかのカギを握っているぐらいですから、これを欠かすことはできません。